ギャラリー
アーティスト。
メインは「下地ワークス」制作。
サブ・ワークとして、
日本全国の漆職人の仕事を紹介中。
漆の素晴らしさを、
一人でも多くの人に、
伝えたいと思っています。
 
 
ホーム
ブログ「うるしが、いいね。」
小川マア「下地ワークス」
ぬりもの対談「うるしが、いいね。」
 
by Urushigaiine Project
 
 
ARCHIVES
<< 暮らしに寄り添う木と漆 | main | 普段使いの漆の器 >>
仁城義勝 漆展

11月15日(金)〜11月19日(火)

11:30〜17:30

作家在廊 15日(金)&16日(土)&17日(日)

copse(コプス)

〒177-0045 

東京都練馬区石神井台3-24-39

ロイヤルコトブキ1F

http://www.copse.biz

秋が深まる季節。

2年ぶりに仁城さんの漆展をさせていただきます。

分業で行われることの多い漆器づくりにおいて

材料を仕入れ、削って漆で仕上げるところまで

すべてを行う仁城さん。

さらに木の風合いを生かすため、

漆は三回塗る程度に抑え

下地づくりも行わないのが特徴。

そのため使うほどに木目が浮かび上がり、

漆本来の輝きを放ちはじめます。

木の風合いを生かしたい、

日常使いできる日々の漆をつくりたい、

仁城さんのものづくりへの思いを知っていただきたく

お話会を予定しております。

長年、同じものを同じようにつくり続け、

簡素ななかに美を宿す、漆の作品と同様、

仁城さんの強く静かな言葉には、いまを生きるヒントが

たくさん込められているように思います。

4日間の限られた会期ではありますが、

仁城さんと漆にお会いできるのを楽しみに、

ぜひいらしてください。

<イベント>

「仁城さんのお話会」

11月16日(土)17時30分〜

参加費1000円

*お申し込みはinfo@copse.bizまで、

お名前とお電話番号を添えてお願いいたします。

 

| - | 00:10 | - | - |